労働保険

 労働保険とは労災保険と雇用保険を総称したものです労働保険は下記の強制適用に該当する事業所であれば、事業主は成立手続を行い、労働保険料を納付しなければならないことになっています。

 雇用保険料分は雇用主と従業員がそれぞれの保険料率で負担をし、労災保険料分は雇用主が全額負担します。 



労働保険適用区分
法人

農林水産業以外の

自営業者

農林水産業の

自営業者

労働者5人以上 労働者5人未満 労働者5人以上 労働者5人未満
強制適用 強制適用
強制適用
 強制適用  任意適用

労働保険制度について詳しくお知りになりたい方は、下記のWEBサイトをご覧ください。

 →  厚生労働省 : 労働保険制度(制度紹介・手続き案内)




労働保険事務委託

 労働保険の手続がわずらわしい方、労働保険事務がわからない方は、商工会へ事務委託をおこなうことができます。 事務委託すると、事務処理が軽減され、労災保険に加入できない事業主及び家族従事者も労災保険に特別加入できます。


労働保険事務組合制度について

厚生労働省 : 労働保険事務組合とは


特別加入制度について

厚生労働省 : 特別加入制度のしおり(中小事業主等用)